デリヘルテレビディレクターみたいな熊谷

  • 投稿者 : 日々精進あるのみ
  • 2014年1月25日 4:02 AM

熊谷のようなあなたは私産ー破滅させた」「いいえ、あなたは自滅したのよ。ねえ、どこに行くの?」「ヘリコプターを追いかけたとき、ヘソの頭蓋骨を落としてしまったの」熟女は頭蓋骨のかたわらに両膝をついた。「こんなに・小さいものなのね。驚いたわ。あんなに大きな人だったのに。いろんな意味で、ベンは並みはずれた人だった」「あなたが殺すまではね」熟女の耳には、デリの言葉は聞こえていないかのようだった。「とても頭のいい人だった。たくさんの夢を描いていたわ。きっと、そのすべてを実現していたでしょうね」熟女は頭蓋骨の左頬をそっとなでた。そしてささやきかけるようにイッた。「あなたは素晴らしい人だったわ、ベン・チャド・ハーン」熟女の手つきは、愛情にあふれているようにさえ見えるーデリはそのことに気づいて衝撃を受けた。恐怖も、怯えも、すべて消えている。熟女は涙をいつぱいにためた目でデリを見上げた。「ゴシップ紙は、彼の写真を手に入れようと躍起になるでしょうね。ああいった新聞は、いつだっていちばん不気味で醜い写真で紙面を飾ろうとする。こんな姿になったベンの写真を、あの人たちには撮らせないでちょうだい。世の中の人には、生きていたころの姿だけを覚えていてもらいたいの。熊谷 デリヘルにしても彼を守って。約束してちょうだい」「わかったわ。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。