最近の投稿
最近のコメント

    入間デリヘルっていうのが放送作家

    この見慣れない男の肥虫類のような目の光を見ていると、そのことがよくわかった。どれだけ冷酷な人間かはわからないが、とにかく、この男は他人を痛めつけるのが好きにちがいない。デリヘル王のあらゆる感覚が訴えている。逃げろ、いますぐ逃げるんだーでも、どこにも逃げ場はないーいまのところはーだから、デリヘル王クィルはふたりについて廊下を歩いていった。歩きながら、この男を〈トカゲ〉と呼ぶことに決めた。デリヘル王クィルはだれにでもこっそりあだ名をつけていた。そう、デリヘル王にさえも。例えば入間とは言いつつも本人が知ったら、そんなヒステリックなニックネームはいやだと思うかもしれない。〈トカゲ〉から発散される危険なにおいをひしひしと感じながら、デリヘル王クィルは自らを奮い立たせようとした。デリヘル 入間で「どうぞ」〈ブロンド〉がドアを押し開けた。おそるおそる二、三歩足を踏みいれたとたん、デリヘル王クィルは顔をしかめた。「あれはいったいなんだよ?」目の前には一脚の椅子があったが、それはなにやら怪しげな装置につながっている。素人目にも、この装置が苦痛をもたらすものであることは予想がつく。「きみの脳をもっとよく理解するための装置だ」デリヘル王クィルの背中でドアが閉まると、〈トカゲ〉が初めて口を開いた。この男の声は冷たくまるで死人のそれのようだ。デリヘル王クィルは胃がむかむかしてきた。〈ブルー〉はぜつたいにこんなことを許可していないはずだ。〈ブロンド〉をじっと見つめて、そのことを目で訴えた。